ライフハック ゆかねこ | 超低体重児・肢体不自由下肢

【ライフハック】グッと縮まったきょうだいの距離。姉弟、それぞれの成長に母ほろり

投稿日:2017-01-31 更新日:

575gという超低体重で生まれたハルには、3つ上のお姉ちゃんがいます。

元々のんびりやで甘ったれ、よっぽど興味のあること以外は自分から動きたがらない…そんなお姉ちゃんですが、学校に上がり、頑張らなきゃいけない場面が増え、心身ともに鍛えられたのでしょう。3年生になった今は力もついて、ここ最近、ぐんと頼りになる場面が増えてきました。

現在年長のハルも、年中の夏ごろでしょうか、いわゆる言葉の爆発期が到来してからぐんぐんおしゃべりが増え、歩行も少しずつ、ふらふらとですができるようになってきました。

最近は、お姉ちゃんについて回り、お姉ちゃんの言葉を真似し・・・まるで歩くボイスレコーダー!?
自然と姉弟の関わり合いが増えて、私が何も言わなくても一緒に遊んでいたりします。

よくよく見ていると、
姉「ハル、あれ取ってきて」
弟「わかった!」
姉「これ捨てて」
弟「はぁ~い」
姉「ちょっとこっち来て!」
弟「なぁに~」
・・・と、完全に言いなりですけどね!まあ、姉弟なんてこんなもんです。


▲「ちょっと音読聞いてて!」と姉。弟の首をホールドして逃げられないようにしている!?


▲布団は、もはやプレイマット!?
はしゃぎすぎて痛い思いをして、だいたい喧嘩に発展します。ものすごくうるさいです。でも、喧嘩できるようになったんだなぁ・・・

この冬休みには飛行機で実家へ。ここでもお姉ちゃんっぷりを発揮

私の実家が遠方なので、移動手段はもっぱら飛行機なのですが、休みに入る前のパパを置いて、一足先に私が子ども2人を連れて帰省というのが定番。

飛行機には子どもたちも小さい頃から乗っているし、毎年のことなので慣れてはいますが、やっぱり私1人で子ども2人を連れて…というのは毎回緊張する!過去には、搭乗時刻ギリギリで子ども抱えて走ったり、機内でおもらしをされたり、ジュースをこぼしたり・・・いろいろありました。

今回も無事乗れますように・・・と祈りつつ、早め早めの行動!

お姉ちゃんのおかげで搭乗前にお土産を見る時間もあった!

これまではあちこち自由に動き回るハルから目が離せず、お土産を見る余裕などありませんでしたが、今回はお姉ちゃんがハルをうまく誘導。手をひいたり抱っこしたりして、ちゃんとハルを看ていてくれたんです。(おかげでお土産買いすぎちゃいましたが…)

機内でも問題なく、約1時間のフライト中、2人とも落ち着いて座っていられました。

ハルはCAさんに「りんごじゅーす、くあちゃい(ください)♡」と愛想振りまいてるし、お姉ちゃんにいたってはシウマイ弁当食べながらビーフコンソメスープをオーダーするというシブさ。私も安心してホットコーヒーを飲みながら、「2人とも成長したな~」としみじみ思ったのでした。

島根到着後もお姉ちゃん大活躍!


▲ご縁電車『しまねっこ号』に乗車!


▲出雲大社へ参拝


▲歩かないハルに「おんぶしてあげる!」とお姉ちゃん。


▲この頼もしい後ろ姿に、母は泣きそう…。

4月からはハルもお姉ちゃんと一緒の小学校へ

養護学校か地域の学校の支援級か、母も悩みに悩んで決めた就学先。お姉ちゃんはハルと一緒に通えることを楽しみにしながらも、

「どうやって勉強するの?」
「給食たべられるかな?」
「車いす乗るの?」
といろいろ心配してくれているよう。

「お手本になって、いろいろ教えてあげてね」と私が言うと、「はいはい!しょーがないなあ!」だって!

2017.01

The following two tabs change content below.
ゆかねこ

ゆかねこ

超低体重で生まれてきた息子は小柄ながらもパワフルでやんちゃなお調子者。3つ上のお姉ちゃんと大暴れの毎日です。大好きなコーヒーでブレイクするのが日課。

-ライフハック, ゆかねこ | 超低体重児・肢体不自由下肢
-,

Copyright© sukasuka-ippo , 2017 All Rights Reserved.