レビュー お出かけ情報 ゆっぴー | 虚血性低酸素性脳症・寝たきり

【おでかけ情報/レビュー】ぷらっとおでかけ『立石公園』、新しく購入した吸引器『スマイルキュート』が大活躍/横須賀

投稿日:2016-12-09 更新日:

天気のいい午後のある日、パパが海でも見にドライブに行こうと提案したので、早速ドライブに出掛けてきました。

目的地は『立石公園』(横須賀市秋谷)。公園自体は狭く、特に目立った施設などはないのですが、立石や相模湾が見渡せる景勝地として有名な場所なんですよ〜

立石公園①
▲普通車62台分の無料の県営立石駐車場があります。ただし、入り口が狭いため大型車は駐車できません。

その日は平日の午後だったにもかかわらず、ほぼ満車でびっくり!近くにレストランなどもあるので、混むのでしょうか?

立石公園②
▲奥に見えるのが『立石』です。

ちなみに、立石とは、波打ち際に突き出した高さ12m、周囲約30mの巨岩の呼び名で、「かながわの景勝50選」「横須賀市指定市民文化資産」にも選ばれているそうですよ〜

立石公園③
▲駐車場入口すぐ脇に海岸へ降りる階段がありました

立石公園④
▲階段を降りるとすぐに砂浜です。

普段バギーで移動する我が子にとって、階段を降りていかなければならないし、おまけに砂浜というのは難しい場所なのですが、駐車場からとても近いので、パパが息子を抱っこし、私が吸引器などの荷物を持つことでクリア!

立石公園⑤
▲石壁の上に駐車場があります。砂浜というより、岩がゴロゴロありました。

立石公園⑥
▲波のすぐそばまで近づいてみました

立石公園
▲立石だってこんな近くから眺められます

立石公園⑧
▲階段はこれくらいの傾斜

たまにはただ海を眺めるだけもいいもんですよ〜

・・・

なお、今回、私たちは駐車場から直接、階段を降りてしまったのですが、上にはちゃんと立石公園があるようです!また機会があれば行ってみたいと思います。

コンパクト設計の吸引器『スマイルキュート』が大活躍

今回のお出掛けで、活躍したのが新しく購入した吸引器『スマイルキュート』。

スマイルキュート
▲ナナメ掛けできる鞄に吸引に必要なものを全て収めることができるコンパクト設計のため、普段、荷物で塞がっていた両手がフリーになります!これはとても嬉しい。

スマイルキュート
▲『スマイルキュート』と必要な備品で総重量は約3キロ。一番注目したいのがこのサイズ。

『スマイルキュート』はA4のプラスチックの書類ケース(写真奥に写っているカバンの手前)にすっぽり収まるサイズなんです。

普段使用している『パワースマイル』より吸引瓶を小さくすることで、半分ほどの小型化に成功している商品。しかも、吸引力はパワースマイルと同じ

吸引力の目安をあらわす排気流量が共に13L/分と同じ。

パワースマイルとスマイルキュート
▲左が『パワースマイル』、右が『スマイルキュート』

吸引瓶のサイズに違いがあり、『パワースマイル』が700mlと『スマイルキュート』が500ml。また、『スマイルキュート』の方は吸引瓶の中身を捨てる時にやや手間がかかります。

なので、吸引頻度が高い我が家では容量の大きい『パワースマイル』のほうを主に使います。吸引回数が落ち着いていて、ちょこっとお出掛けしたい時や抱っこで行くような時には『スマイルキュート』を使うなど、ふたつを使い分けています。

・・・

ちなみに、私の主観ですが、吸引時のモーター音は『スマイルキュート』の方が大きいので、静かな所ではちょっと目立ってしまうかもしれません。

2016.11

The following two tabs change content below.
ゆっぴー

ゆっぴー

脳症、気管切開、経鼻栄養、寝たきりだけど、わずかながら自分なりの方法で意思表示をし始めた息子。4月からは養護学校に通います。小学4年生のお兄ちゃんとは仲良し。そして、母は食いしん坊。

-レビュー, お出かけ情報, ゆっぴー | 虚血性低酸素性脳症・寝たきり
-, ,

Copyright© sukasuka-ippo , 2017 All Rights Reserved.