pototon | 自閉症 ライフハック

【ライフハック】偏食対策レシピ!豆腐入りもっちりパンケーキ

投稿日:2015-10-17 更新日:

うちの4歳自閉症児。例にもれず偏食でして…。

自閉症の特徴のひとつとしてよく目にする偏食について、もちろん個人差があったり、程度の違いや何が好きで何が嫌いかなども全然違うと思いますが、うちのチビ助4歳もかなりの偏食。

  • 野菜は生のトマトとキュウリ、フライドポテトぐらい。
  • 肉はステーキとか唐揚げとかトンカツとか素性のわかりやすいもの(肉じゃがとかカレーの具の肉とかはNG…)
  • 魚は鮭とかシラスとか、やっぱり視覚的に素材のわかるものを口にします。フライにするとアジなんかも食べます。煮干しもいける。
  • 海老はフライにすると食べます。特に尻尾が好き。茹でた海老は食べません。
  • 納豆は食べるけど、豆腐は食べない。プリンは食べるけど、手作りプリンは警戒します。
  • 目玉焼きは白身は好きだけど、黄身は食べたり食べなかったり。卵かけご飯は気分で食べたり食べなかったり。ゆで卵を出すとなぜか殻をポリポリかじったりします…などなど

日々のことだし、食べること自体を嫌になっては元も子もないのでこちらもあんまりムリはしませんが、やっぱり栄養バランスとか少しは気になる。ということで、ムリのない範囲であがいてみたりするわけです。今回は豆腐!

ということで、うちの定番「豆腐パンケーキ」をご紹介します。

アレンジ自在、モチモチが美味しい

そもそも私自身、市販のホットケーキミックスをレシピ通りに作った時のモサモサ感が苦手なので、豆腐を入れることによってちょっともっちり食感、薄焼きにすることでクレープのように具を巻くことができるこのレシピは我が家の定番なのであります。

チビ助はプレーンかジャムをつけて食べますが、メープルバター、ハムとクリームチーズとベビーリーフにシザードレッシング的なものをちょっぴりかけてクルクル巻いたりとアレンジ自在。

…と前置きはこのくらいにして、肝心のレシピをご紹介します。

【偏食っ子もパクパク!豆腐入りもっちりパンケーキ】

材料[ペラペラのヤツ6枚分]

絹ごし豆腐………ミニ1パック(150g)

卵……………………1個

牛乳…………………1カップ(200ca)

市販のホットケーキミックス…1袋(200g)

作り方

01.

ボウルに豆腐と卵を入れて、グルグル混ぜる。

ここでしっかり混ぜると「え?ウソ!これ豆腐入ってるの?」という自然なパンケーキになります。

02.

01.に牛乳を加えてグルグル、更にホットケーキミックスを投入してグルグル。タネ完成。

牛乳の量は本当にお好みで!厚みのある普通のホットケーキに近いものを目指すなら牛乳は1/2カップでOK。ホットケーキミックス150gしかないという方も、そのくらいの牛乳でイケます。私は基本、目分量で牛乳入れてますが、結果的にホットケーキかパンケーキになります。牛乳を入れすぎてうまく焼けないという場合は、薄力粉を加えて調整するなどしてください。

03.

さあ、焼いていきましょう。フライパンを弱火にかけて、おたま1杯分のタネを入れて、オタマの背でクレープ作る気分で円を描きながら広げます。

04.

薄焼きの場合は、そのまま2分くらい放置。表面に穴がプツプツあいて、半分くらい乾いた感じになったら裏返して、更に1分くらい焼いて出来上がり!

ご家庭のコンロの火加減に合わせて時間は調節してください。厚焼きの場合は、ひっくり返した後にフタをするとフンワリ仕上がります。

以上、モチモチ美味しいパンケーキのレシピでした!

薄焼きなので焼き上がりも早く、お腹すかせて待ちきれないというお子さんのオヤツにもピッタリ!

どうぞお試しくださ〜い!

The following two tabs change content below.
pototon

pototon

息子・チビ助はかわいい6歳の自閉症。喋り始めは4歳で手帳はB2。年長で幼稚園と療育の並行通園を経験してこの4月から小学1年生。小3のお姉ちゃん・チビ子がいます。

-pototon | 自閉症, ライフハック
-

Copyright© sukasuka-ippo , 2017 All Rights Reserved.